モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

観葉食物 from ダイソー

7月27日 咲かない花の観察

00-06 H 06-12 × 12-18 × 18-24 × H. 九州地方 -1-0-0-0=1 合計回数 -1-0-0-0=1 02:11 日向灘 20/4.3 ③ 【28日(日) 熱帯低気圧に変わっても警戒・注意】 https://t.co/L5ZaNozDQt 台風6号は27日(土)の午後3時に、熱帯低気圧に変わりました。熱帯低…

あーなってこーなって

これが こうなって あーなって こうなった。 葉っぱと多肉植物しかない虚無空間にユリが降臨した。 ダイソーに売っていたわけでなく、貰い物である。 受粉してしまうと早々に店じまいしてしまうので、長く楽しみたい方は雄しべにサヨナラを告げようぜと説明…

のびきたこれ

久しぶりの植物の話。 ミカヅキネックレスがぐんぐん伸びて、新しい蔓がサボテンの背丈と同じぐらいになりました。 今月のTwitterアイコンのモチーフにしました。 もう一つの変化はドラセナ。 とうとう枯れてしまったのではと心配していましたが、水をやり続…

春とハエとボケ

ブンブン花粉が飛んでいる 雪の魔女の封印術は春の妖精が唱える三寒四温という呪文によって解けていく。そして妖精は言うのです「目覚めよ!花粉ども!人間の粘膜を破壊しろ!ぶっ壊せ!ヒヒヒヒヒ!」「オデ…カフン。オデ…ニンゲンノ鼻腔コワス…」それを見…

サボテンのチェダーチーズ

最近めっきり観葉植物に関する記事が減ったのは全く変化がないからです。 そんな中でまた冬を迎えているわけですが、実は先月に全ての鉢の植え替えをしました。面白いことにコーヒーの木が同じタイミングでこんな真冬に根詰まりを起こしてしまい、急いで植え…

11月24日 フレディ

00-06 DAIBDDDDD 06-12 DDDD 12-18 DDDDD 18-24 DDDDDDDDD A. 北海道地方-1-0-0-0=1 B. 東北地方 -1-0-0-0=1 D. 中部地方 -5-4-5-7=21 I . 沖縄地方 -1-0-0-0=1 合計回数 -9-4-5-7=24 00:15 長野県中部 10/2.9 ① 01:03 浦河沖 70/3.6…

あーなって、こーなって、増える

朧月という食べられるらしい植物の一部が欠けたので、増殖するのか実験してみたところ…。 ↑変色していたから枯れると思っていたのに、根を生やして葉っぱ?が生えてきました。 ↑しばらくすると1枚だったのが2枚に増えた。 ↑現在はこんな感じです。中央部か…

カルキと胡散

ありふれた死 すぐにヘロヘロになってしまい、育成が安定しないヒポエステスの一部を切って水耕栽培を始めて暫くが経過ーー。現在の状況としては、鉢植えのほうは何枚も葉っぱをつけていて、背丈は伸びたせど焼肉のサンチュよりもヘロヘロした感じで夏を満喫…

オサレな蝉の殻

暑い ここ数日暑い日が続いています。 観測史上初めて40度を超える地点も出始め、プールの水温も35度になりのぼせるから中止する小学校も…。 農業への被害も確認されていて、葉焼けはもちろんのこと、砂漠のようにカラッカラになった地面に水をかけるとお湯…

サボテン。柱→丸

6月17日に撮影。 切断面の横にコブのようなものが出現。 個人的にはもう少し下の部分から生えてくるんじゃないかと思っていたが、イグアナに食われないように上に生えるのと同じ原理なんじゃないかと推測。 「…って、誰がイグアナだよ!」とノリツッコミした…

サボテンさん

日照不足と水をかぶった影響で黒ずんだハシラサボテンさんをシザーハンズジョニーデップして暫くが経過。 今日、観察したところ頭の部分に丸い成長点が出現しているではないか。小さなトゲはモサモサしたホコリのよう。 このスターフルーツみたいな切断面は…

土の中より出でしもの

春を飛び越え梅雨に突入。 丸坊主のドラセナはガンガン成長して美しい緑色をしている。今まで茎や枝から伸びるものは散々見てきたが、土の中から伸びてくるという場面は少ない。基本的にそういうのは種や球根から育てないと目にする機会は少ないのだ。それが…

メキシコ人のオボロさん

季節の変わり目なので何か珍しい植物があるのではとダイソーに行った。 ミリオンバンブーやドラセナはレギュラー商品らしくいつも棚に鎮座していて、その上の棚には生きているのか死んでいるのか分からない、ヘロヘロになったエアプランツがぞんざいに並べら…

予想を超えて

えっ⁈ ここから生えるの? きたぞ! - モブトエキストラ 先日、丸坊主になったドラセナから新芽が生えた事は書きました。あれから成長を続けて、現在も卵の殻を割るように力強くニョキニョキと芽を伸ばしています。 他の場所から目が出ていないかと幹を観察…

きたぞ!

パターン青!新芽ですっ! 3月28日に初めてドラセナの切り戻しを行い、約1週間後の4月5日に離脱した側の幹から発根。そして、約1ヶ月後の4月26日にようやく切り離した側の幹から新芽が確認された。 待望の画変わりである。笑 いやー。葉っぱ一枚も無いから…

ドラセナがボナセーラ状態

ペットボトルに挿しっぱなしのドラセナ1号機。 適度に水を交換しているのですが、今さっき見てみたらかなり根っこが伸びてきました。 もとは葉っぱが生えていた箇所から根っこが伸びてきている事に驚き、なんなら若干引いてます。(キモいわぁ笑) 2号機も…

【発根回】信じてよかった。

1週間で発根した 3月28日に切り戻しを行なったドラえもん(ドラセナ)が1週間経って発根しました。 ↑太い枝の1号機 ↑細い枝の2号機 それぞれ切って水で満たしたペットボトルの中に挿しておいただけなんですけど見事に発根してくれました。枯れずにいてく…

最近の草とロン毛と坊主の話

相変わらずヒポエステスa.k.a.カバさんは草すぎて、水やりの頻度が難しい。 例えばコーヒーの木は萎れてからあげればいいからとても簡単だし、そのほうが根がよく伸びる。一方でカバは根っこもヘロヘロなので土が乾く前にヘロヘロしてくる。水が当たっただけ…

ナイス

生きるかどうか… - モブトエキストラ このまま枯れてしまうんじゃないかと心配されたヒポエステスa.k.a.カバさんの株分けから1週間。 ご覧の通りナイスなリカバリー! 1号機は全く問題なく、色付くのが遅い2号機も特に問題なく、白の隣の株はおにぎりに入…

生きるかどうか…

ふにゃふにゃ 少し前に購入したヒポエステス(ヒポポタマス=カバさんと呼んでる)は4本の茎で形成されていて、窮屈に見えて仕方ないので株分けすることにした。 ただ、カバさんは今までに育てたどの植物よりも「ふにゃふにゃ」していて、水をあげた時に葉…

マダガスカルから来ました

カラーリーフあった 暖かくなってきたので観葉植物が入荷しているんじゃないかと思って、ダイソーに行ってみたところ見慣れない植物が陳列されていた。 その名は「ヒポエステス」 「ヒポ」+「ピンク」=「カバ」という方程式が脳に出現し、気付いたらレジでお…

作動

ミカヅキネックレスの「例のアレ」(謎乳首と呼んでた部分)の詳細が判明。 この間、以前に枯れて切れた蔓を観察したところ、謎乳首から新しいミカヅキが発生していました。 花が咲くと勝手に思っていましたが(咲いてほしかった)分岐点であることが確定し…

おい、サボテン。

寒さのせいかサボテンが変色しだした。おーまいがー。— 海老原いすみ (@ebiharaism) 2018年2月13日 最近は寒い…。だって冬だもの。 それにしてもサボテンが寒さで傷むことは今までなかった気がする。 なぜ茶色くなったのかを考えてみたところ、「単純に寒い…

少しの画変わり

ひたすら画変わりがないと言ってきたサボテンに鼻くそほどの分岐点ができてきました。花も咲かず、徒長するだけなので地味ではありますが大きな変化なのかもしれません。 それと、以前に「ミカヅキネックレスは一定の長さになると自重で切れるのか?」という…

11月23日 平成お通夜ムード

00-06 BI 06-12 × 12-18 × 18-24 × B. 東北地方 -1-0-0-0=1 I .沖縄地方 -1-0-0-0=1 合計回数 -2-0-0-0=2 00:59 宮城県沖 50/3.5 ① 05:30 沖縄本島近海 40/3.6 ① アメガツヨイデスネー— 海老原いすみ (@ebiharaism) 2017年11月22日 夜と明け…

ハエじゃないやつ…

とくに花が咲くわけでもなく、実をつけるでもない。 ひたすらに茂るだけの植物を育てているから、何度も言う「画(え)変わりがない」と。 9月になったけど相変わらず。 それどころか日照不足でサボテンが徒長してしまった。 ハサミで切って仕立て直す人も…

もはや森

久しぶりの植物記録 前回書いた時はノーダメージで梅雨を越えることができたという話だったかと記憶している。最近の天気はといえば、梅雨明けしたのに曇天が続いていて、局所的な雨が暴力的に降り注ぐせいで生活を破壊される人があちこちにいる。 そんな人…

サブたんく

沖縄のほうでは既に梅雨明けしているがこちらはまだ梅雨明けしていない。 梅雨入り前は根腐れしたらどーしよー(棒)と心配で夜も眠れなかったが(嘘)水やりを控えているので全くムシも湧いていない。 無傷のまま生還するかと思われたが、グリーンネックレスの…

成長と変化と謎

ドラセナがぐんぐん伸びてる一方でフィロデンドロンも負けていない。 この間まで「もやし」と呼んでいた新芽が大きくなってきた。根っこの部分から分岐しているものと、中央から伸びてる部分とで成長の仕方が違うのかもしれない。 これは中央の新芽。 成長の…

さらば、フレディ

ドラセナに水をやったら、また吸い上げた水を排出していた。古い葉っぱからは垂れていなかったが、二枚の新しい葉っぱに雫がついていた。 根から吸い上げた余分な水分を再び土に戻すというのは合理的に思う。 新しい芽が伸びてくる一方で、役目を終えた下の…