モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

【深刻化する医師不足の問題について】済生会栗橋病院医師 本田宏さん

JAM THE WORLD : J-WAVE 81.3 FM RADIO
今月13日、政府が国家戦略特区で検討している医学部をあらたに作る動きに対し、日本医師会が反対の申し入れを塩崎厚生労働大臣にしました。
すでにある医学部の定員を増やすことで医師不足へは対応しているため、あらたに作る必要はないと主張しています。
では医師不足に対して、どのような対策を講じるべきなのか?
そもそも、なぜ医師不足は起きているのか?
それによってどんな影響が出ているのか? 
今夜は「本当の医療崩壊はこれからやってくる!」の著者で、済生会栗橋病院で働く現役の医師、本田宏さんにお話を伺います。

海老原いすみ (@ebiharaism) on Twitter
  • 日本の医師数は労働時間をカウントせず、水増し計算しているにも関わらず11万人不足しており、過重労働を強いられる医師は1人で5役もやらなければならない。 #jamtheworld 02-25 21:04
  • 「医師がいなければ医療費がかからずに済む」と考えた国は、未曾有の高齢化社会を精神論で乗り切ろうとしている #jamtheworld 02-25 21:18
  • 行き場のない高齢者が溢れるというのに、オリンピックやってる場合じゃない 。親が認知症になった時にお金は払えますか? 自宅で介護できますか? 国民はよく考えないと行けない。 #jamtheworld 02-25 21:24
広告を非表示にする