モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

ドミニカからハエが来てるっぽい


f:id:ebiharaism:20150602124129j:image

Twitterのタイムラインを眺めていたら、食事時にハエの画像が流れていた。
気になったので和訳してみました。


USAの当局は、ハエとの戦いを確かめるために、RDを訪問します/ニュー新聞/新しい新聞(神聖な日曜日に)。。6月1日(EFE)。。ドミニカ共和国(Angelエステvez)の農業の大臣今日受けますアメリカ合衆国の農務省の当局者の訪問、(USDA)、努力を彼らと接近します、彼/彼女は地中海のハエの根絶をカリブ海の国において成し遂げようとします。委任はUSDA(マイケルScuse)の次官によって向かいました、そして、両国の間で商業的な関係で大臣エステvez話題を激励と関連づけて審理されて、アメリカ合衆国モーガン・パーキンス)大使館の農業大使館員にとって、あなたはメモで省に知らせました。また、彼らはこの国の方へ分別、昇進とアメリカ合衆国の方の輸出、条約DR. CAFTAと果物で禁止するものへの上昇を通しての商業交換とドミニカ共和国の野菜の増加の政治家のために、財政援助について話しました。大臣は地中海のハエの根絶で達する前進をハイライトしました、あなたはドミニカ共和国が昆虫の拡大を避けるためにすべての衛生的な規制を強化したと言いました、そして、あなたは記録が妊娠可能な女性の量を最小にするために可能だった時にそれを表しました。エステvezは全部のものはそれを支持すると認めました。そして、彼/彼女は北アメリカ当局の側の財布を受けて、そして、あなたは、特に農業地域で、両国の間の商業結び目が強くなったと断言した。国際的代表団は実体の植物の分別省の新しいオフィスの就任において大臣の隣に参加しました、そして、彼らは同じものによって移動する簡潔なものを運び出しました。また、公式委任の訪問は国のいくつかの状態の会社の代表の商業的な任務を含みます。そして、地元の製作者との商業交換において、そして、国への農産品の輸出において興味があります。国でのご滞在の間に、国際的代表団は、ハエの焦点が地域に昆虫の根絶のために国があった進展を知っているためにあった白髪の先端の領域を訪問します。【和訳ここまで】

食べ物に虫がくっついているのは気持ちの良いことではない。
だからと言ってアメリカのように、農薬メーカーの利権の為に枯れ葉剤耐性の遺伝子組換え作物を作るのは人間にも大地にも毒だと思う。

ここ数日、インドでは熱波で2000人を超える人が亡くなり、韓国ではコロナウイルスによる死者が出ている。
これから夏を迎えるにあたって、体力が落ちると思わぬ病に見舞われる可能性もある。
衛生管理は徹底したほうがよさそうだ。
また、最近はネットの発達で個人輸入をする人もいる。そうした人は謎のウイルスに注意しながら取り寄せるべきだ。
中には、アメリカみたいに間違えて炭疽菌を送るような事例もあるから世の中何が起こるか分からないものだ。


広告を非表示にする