モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

女子W杯の感想

・今週の「竹山ガム買ってきて」のコーナーがすごかった。 何となく付けられた名前かと思いきや、ちゃんとお父さんは美人の名前を選んでいたなんて。親心ってやつですねぇ。 それにしてもたまむすびリスナーとスタッフの人海戦術には脱帽です。 伊集院さんのポストマン的な企画もそうだけど、「意味を与えられたもの」ってドラマを宿しているなぁと感じる。 ・女子W杯の決勝戦を見た。 前半早々に2失点したのと、その後のループシュートで完全に流れを持っていかれた感じ。 選手たちも「試合を壊してしまった」というような動揺を抱えているように見えた。 そこでのりおは精神安定を図って澤さんを投入。その後も疲れの少ない選手を入れて流れを戻そうとするも、選手たちの疲労の蓄積は激しく単純なミスが続いた。 宮間選手が前線にフィードキックをする場面も多々見られたが、相手がハンバーガーターミネーターなので得策に思えなかった。 おーぎみ選手のシュートは完璧だった。限られたチャンスの中であのシュートを放つことができるのは感覚を研ぎ澄ませてないと無理だ。香川真司だったら宇宙開発してるだろう。 澤さんも相手と競り合ってオウンゴールをもぎ取ったが、ハンバーガーは日本に流れを作らせない為に速攻で潰しにかかり、あっという間にスタジアムの空気をホームゲームに変えてみせたのだ。日本もそれを気をつけていたはずだが、ハンバーガーのチームプレーが異常だった。 決してなでしこは弱くなかったよ。
広告を非表示にする