モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

【解析】2月のトップツイート

f:id:ebiharaism:20150720205025j:imagef:id:ebiharaism:20150720205107j:image
トップツイートといいながら、この数値の低さを見よ。
これがボッチの性である。

2月は沖縄の基地建設問題と空き家対策措置法の話題。

アメリカ政府は費用がかさむ軍事費の削減に乗り出し、日本の集団的自衛権の可決を視野に入れた予算を組んでいる。
足りない兵力を自衛隊で埋めるという分かりやすい構図である。
そんなことをしたら自衛隊に入隊する人間がいなくなるのではないか?

そんな疑問を解決する一言を吐いたのが
日本学生支援機構」の運営評議会委員である前原金一氏。


仕事につけない若者をインターンとして警察、消防、防衛省に入れるというプランを口にした。
では、ここで培われた経験を活かせる民間職業とは何だろうか?
私には民間軍事会社への斡旋所にしか思えないのだが…

二つ目の空き家対策措置法については、事前通告をした上で個人の建物を処分できるもの。その負担は個人に課せられる。
持ち主が分からない家の所有者をハッキリさせるのはいいことだが、一つの懸念がある。



今国会では10本の法案が一括審議されたわけだが、その中の一つである緊急事態条項と相性がいい。
総理大臣が緊急事態としたうえで、個人の権限を制限するもので、この間のミカン農園の強制撤去と同じように、国が強制的に土地を剥奪することが可能。
人権など存在しない国となる。

小さく生んで大きく育てるってのは不気味ですね。
広告を非表示にする