モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

チェルノブイリ事故から30年後の動物たち


Flash - Animals abound at Chernobyl 30 years after nuclear disaster - France 24
f:id:ebiharaism:20151007123017j:image
ワシントン(AFP)- 
チェルノブイリ核災害のほぼ30年後にウクライナで、ヘラジカ、鹿、イノシシとオオカミは、人間によって捨てられる除外地帯がたくさんあると、研究者は国際研究において言います。

研究(月曜日に現在の生物学ジャーナルで発表される)は、汚されていない自然保護区であるより、1986年4月に爆発した原子力工場のあたりの1,600平方マイル(4,200平方キロメートル)の周辺部の内側のこれらの哺乳類の多くとして、少なくともそれをそこで示します。

研究者は、火と植物の原子炉の1台の爆発によって荒廃する大きな地帯の空中観察によって、動物を数えました。

彼らは、近くの公園でより7倍多くのオオカミが除外地帯にいるとわかりました。

「彼らが事故の前にいたより、チェルノブイリの野生生物番号が非常に高いことは、非常にありそうです」と、英国のポーツマス大学のジム・スミスは言いました。

「ちょうど人間の居住の影響が、狩猟、農業と林業を含んで、もっとより悪いために、これは放射線が野生生物によいことを意味しません。」

核災害の後の早めの研究は、除外地帯(動物の人口の激減を含む)に対する大きな放射線効果を明らかにしました。

最後の観察は自然の反発力を示して、日本でより最近の2011の福島核災害の長期の影響に関して、洞察を提供することができました。

ヘリコプター調査データは、事故の後、1から10年までヘラジカ、ノロジカとイノシシの増大する多量を見つけました。

イノシシの個体数の短期縮小は、放射線被曝に関連していない病気の発生との関連がありました。

これらの増加は、旧ソビエト連邦の他の地域で、ヘラジカとイノシシの個体数の低下と同時でした。

「人間の居住の圧力から解放されるとき、大きな核事故のマイルの中で育っている広範囲にわたる動物を示しているこれらの独特のデータは野生生物人口の反発力を例示します」と、ジョージア大学の勉強共著者ジム・ビーズリーは言いました。【以上、Yahoo!翻訳】


自然保護区よりも立ち入り禁止区域に住むオオカミのほうが個体数が7倍多いという結果。放射能に動物が嫌がる匂いはないとも言えそうです。
人間にとっては放射能汚染によって土地を放棄せざるを得ないが、動物にとっては放射能よりも人間のほうが有害であるというのは実に皮肉なものですね。



広告を非表示にする