モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

【MineCraft】本格的なネコースターをつくる(後編)

ねとらぼの記事によるとバステトというねこの神様を模したぬいぐるみが人気だという。
記事にあるぬいぐるみは愛くるしい顔をしているが、そもそもバステトがどんな神様なのか私は知らん。。

f:id:ebiharaism:20151015211501j:image
バステトはしばしば、雌ライオンの頭を持つテフヌト、あるいはセクメト・ハトホルといった他の女神と同一視される[3]。これによりバステトは、ラーが人間を罰するために自らの左目を女神として送り出し、女神が地上で大殺戮を行なったという「遠方の女神」[4]や「ラーの目」といった物語群に属することとなる。また、テフヌトと同一視された関係で、アトゥムの敵であるアペプを倒すものともみなされる[3]。
太陽の神様が人間を虐殺する為に目玉をえぐり出して「女神になぁーれぇー」からの〜アトゥムの敵のアペプを倒すのがバステト!

むしろ「アペプ」のほうがゆるキャラっぽいネーミングじゃないか。
きっとメジェドみたいな可愛い神に違いない。
調べよう!


ヘビだった。
しかもアペプの発音は「アポフィス」で、地球に衝突するとか騒がれてた隕石に付けられた名前じゃないか。
いらねっ( ・´ー・`) 

…っていうか、太陽が太陽系の中心なのは理解できるけど、宇宙規模で考えたら太陽神は中心ではないわけで、つまり人間の考える範囲内にしか神がいないということになる。
仮に神がいたとしても太陽神は自己中すぎるのではないか?
…考え始めたらキリがない。

この話はやめよう。

いでよ!猫猫猫!


中編では建物と周辺の整備をして

今回はいよいよネコースターの稼働です。

それではまず「レーシングキャット」となる3匹の猫を用意するところから始めたいと思います。


分かりやすいように「ブチ」「シャム」「トラ」をそれぞれ1匹ずつ連れていきます。
ヤマネコはすぐ逃げてしまうので「召喚の儀式」は密室で行いましょう。

一匹目
f:id:ebiharaism:20151015231429p:image
ほほう。ブチか。
バステトと名付けよう。

二匹目
f:id:ebiharaism:20151015231845p:image
ほほう、またもやバステト。
まあ3分の1の確率だからこういうこともありますよね。次はシャムかな?

三匹目
f:id:ebiharaism:20151015232110p:image
バステトの呪いなのかい?

こんなことってあるんですね。
猫は犬と違って首輪で色分けできないので、全部バステトと呼ぶことにします。

四匹目
f:id:ebiharaism:20151015232602p:image
スポーンさせたら一回に小さいヤマネコが三匹出てきました。
すかさずクマノミで懐かせたら「トラ」きましたよ。
さすがにもうバステトは出ませんよね。
さっきまでの確率が異常だったに違いない。

五匹目
f:id:ebiharaism:20151015233119p:image
バスった。
もう、いいです。お腹いっぱいです。
お引き取りください。
お願いします。(横のブチは繁殖で勝手に生まれてました)

7匹目
f:id:ebiharaism:20151015233649p:image
もう笑うとこないからね。
ヤマネコさん頼みますよ。

f:id:ebiharaism:20151015233837p:image
シャム降臨!
個人的には三種類の中でシャムのデザインが一番ネコっぽく感じます。
さて、ようやく全種類が揃いました。
早速コースに移動しましょう。

f:id:ebiharaism:20151015234227p:image
なんでそっち向くんだよ
お前らわざとだろ

いざ、コースへ


邪魔になるので三匹以外のネコは先ほどの部屋に置いてきました。

では早速、トロッコに猫を乗せましょう。
f:id:ebiharaism:20151015234458p:image
この時点で愛らしいでしょ?

なんとっ…⁉︎      これがっ…⁉︎

動くんですねぇ。はい。

f:id:ebiharaism:20151016210530p:image
シャムってるね。シャムってるよ。
つぶらな瞳も1ドット。
ブチもコースターに設置してレディーゴーキャットぉぉぉ!

f:id:ebiharaism:20151016211035p:image
観客席からの眺め。
猫たちは画面の左側から右側に走り去ります。
仕様で飼い主の方を見るようになっているので、好きな猫を応援しやすいです。

f:id:ebiharaism:20151016211449p:image
ちゃんとブリッジの上り坂も登りますね。
コースの設置も問題ないようです。

f:id:ebiharaism:20151016211633p:image
ん? 来なくね?

f:id:ebiharaism:20151016211732p:image
クラッシュしてるじゃないか!
誰だっ⁉︎ 誰がやったっ⁉︎

 猫「ゾンビがぁぁ。首が痛いよー!」

f:id:ebiharaism:20151016212027p:image
お前か?
Yes か Noで答えろ

f:id:ebiharaism:20151016212215p:image
斧でいこう。

f:id:ebiharaism:20151016212142p:image
ゾンビ「No…」

f:id:ebiharaism:20151016212404p:image
嘘が下手だな。
あ・ば・Yo!
f:id:ebiharaism:20151016212614p:image
おっけです。トロッコを再びスタートさせなければ。(手前の肉片は気にしないで下さい)
f:id:ebiharaism:20151016212944p:image
トラとシャムのデッドヒート
一番内側のコースはブリッジの下り坂から一気に加速して、抜き返すので見ていて面白いです。

f:id:ebiharaism:20151016213308p:image
えっ? お前はどこから来たんだ。
他の猫は家で留守番してるはずでは…
f:id:ebiharaism:20151016213430p:image
そうか。お前も乗りたいのか。
猫「…」
f:id:ebiharaism:20151016213555p:image 
よいしょーい!ナイスキャットぉ。

f:id:ebiharaism:20151016213643p:image
え…? お前も?(恐らく村人が扉を開けたせいでワープしてきたと思われる)

f:id:ebiharaism:20151016213843p:image
行っといでぇーーー

f:id:ebiharaism:20151016213940p:image
最後のストレートも見所です。
もっと大きなコースを作れば見応えあるでしょうね。


f:id:ebiharaism:20151016214043p:image
パワードレールの設置箇所を変えることで、レースの展開を変えることができるので試してみて下さい。

f:id:ebiharaism:20151016224856p:image
いかがだったでしょうか?
動画ではないので伝わりにくいと思いますが、興味のある方は作って遊んで画面酔いして下さい。











広告を非表示にする