モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

ジャカルタ豪雨で魚が大量死

Indonesia fisherman find Jakarta lake filled with dead fish after torrential rain | Daily Mail Online

何千もの魚がCitra湖の近くで死んだあと、漁師はインドネシアで奮闘しているままにしておかれました。そして、科学者と当局を彼らの劇的な死の原因によって困惑するままにしておきました。

数百トンの死んだ魚も、彼らの死の原因となっている地域のまわりで豪雨でジャカルタの近くで流れに浮いているのを発見されました。漁業の部門は、重い雨量が水温で急上昇を引き起こす場合があったことを示唆しました。

状況の変化はローカルな水の中に魚の個体数の多くの死の後にあったと考えられます。そして、漁師と地元のボランティアを更なる死を防ぐために海をきれいにすることを強制されるままにしておきます。

魚のための酸素の欠乏は大虐殺を引き起こす場合がありました、そして、専門家は彼らの死因を決定するために死んだ魚をサンプリングしています。

『朝に、私はほんの数ダースの死んだ魚[水面で浮く]を見つけました、しかし、時間が経ったので、数は何百に増大しました、そして、それは臭い悪臭をつくりました』、バンバン、と、Muara Angkeポートの47才の漁師はジャカルタ地球に話しました。

『多くの魚が死んで、これを好むことは、珍しくありません。しかし、今年、頻度とボリュームの増加が、ありました』と、彼は言いました。【以上、Yahoo!翻訳】

f:id:ebiharaism:20151221200335j:image
f:id:ebiharaism:20151221200401j:image
f:id:ebiharaism:20151221200417j:image
f:id:ebiharaism:20151221200434j:image
f:id:ebiharaism:20151221200453j:image

日本でもたまに魚の大量死が確認されていますが、大量死がもたらす経済損失も馬鹿にはできません。
この記事の中でもグリンピースの関係者が腐敗による環境汚染を危惧しています。
地面の中に埋めて処理するとしても時間がかかりそうですね。

広告を非表示にする