モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

クロネコヤマトを噛むクロネコ

f:id:ebiharaism:20151222193239j:imagef:id:ebiharaism:20151222193302j:image

クロ氏はツメを研ぐよりもダンボールを噛みちぎるのが好きである。
遊び終わった後には、よだれで濡れた一口サイズのゴミが散らばっているのが常である。

さて、今日ここになぜダンボールがあるのかといえば、秋に当選したグルメカタログギフトの品物が到着したからである。

f:id:ebiharaism:20151222193715j:imagef:id:ebiharaism:20151222193738j:imagef:id:ebiharaism:20151222193748j:imagef:id:ebiharaism:20151222193759j:image

どうにか食糧を確保できた。
ありがたや、ありがたや。



広告を非表示にする