モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

3月19日 声を失ったDJ

00-06 ×
06-12 II
12-18 ×
18-24 BCBG

B. 東北地方 -0-0-0-2=2
C. 関東地方 -0-0-0-1=1
G.四国地方  -0-0-0-1=1
 I .沖縄地方  -0-2-0-0=2
合計回数       -0-2-0-4=6

08:28 沖縄本島北西沖 10/4.8 ①
10:28               〃         10/4.9 ①
20:33 宮城県沖            60/3.7 ②
21:58 茨城県沖            40/3.8 ①
23:30 宮城県沖            50/3.9 ②
23:40 四国沖                10/4.1 ①

ここ数日まとまった文章を考えていたから頭が疲れている。
なんか疲れが取れるものないかね。


例えばクライアントの選考基準の一つが学歴だった場合、当然、学歴詐称となると思う。
企業が信頼を得るには透明性が第一なので、その点では擁護できない。
しかし、ラジオを聴いている私たちにとって、ナビゲーターの出生や生い立ち、学歴といった情報は必要なのだろうか?
正直、私はマイクの前で発揮される才能が全てだと思っている。

社会の為に頑張る人々や新しい価値観を見出そうとする企業にスポットライトを当ててきた人間が、その「社会」から制裁を受け、何年も続けてきたラジオ番組が打ち切りになった。
この現実が残酷で、うまく言葉にできない。
それを見てせせら嗤う人間の気持ちも分からない。

無意識に人を殺せることに対して無自覚すぎると思うのだ。
寛容論を思い出してしまう。


広告を非表示にする