モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

4月2日 祭りなのかどうか

00-06 ×
06-12 B
12-18 BC
18-24 ×

B. 東北地方 -0-1-1-0=2
C. 関東地方 -0-0-1-0=1
合計回数     -0-1-2-0=3

07:27 岩手県内陸南部 10/3.0 ①
14:27 福島県沖            40/3.7 ①
15:12 八丈島東方沖     50/4.1 ①


祭りに行った気がしないでもない

f:id:ebiharaism:20160402182941j:image
くそみたいな空模様。
本を求めて灰色の空の下を歩いた。

4月になり、全国各地で花見イベントや春祭りが行われている。
私の住むラクーンシティでも祭りをやっているという噂を耳にした。
どうせだからと、覗いてみることにした。

f:id:ebiharaism:20160402183732j:imagef:id:ebiharaism:20160402183747j:image
本当に人間の数が少ないのでビビる。
屋台の数も少なく、活気など微塵も感じなかった。

f:id:ebiharaism:20160402184044j:image
フリーマーケットがある」という伝説は幻だったことを確認。
そこにあったのはいくらなのか確認しづらい盆栽や鉢植え、あとは球根やレッドハーブやグリーンハーブが置いてあった。
もしかしたら、多くの住民はゾンビが強くて外出できないのかもしれない。

少しの経済効果をもたらす為に、私は大判焼きを買うことにした。
大判焼きとは「どら焼き」の完全体の事である。地域によって呼び名が違うようだが、私は大判焼きと呼んでいる。


やっているのかどうか、人がいるのかどうかさえ分からない屋台が並ぶ中、大判焼きの屋台には店員がいるようだった。
20代前半の青年が3人いて、最低のサービスを提供してくれた。

  1. 価格が分からない(本当に売り物なの?)
  2. ずっとヘラヘラしてる(春だもんな)
  3. 中味の具を把握してない(神経衰弱かな?)
  4. 紙袋に入れてビニル袋には入れてくれない(熱いし破けるし)
  5. 私が立ち去る寸前に後ろの二人がハイタッチして『やったー!フッフーイ!』って言ってやんの。

いろいろとキツイ!

f:id:ebiharaism:20160402193446j:image
お疲れ様でした。






広告を非表示にする