モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

テルアビブ大学が感情を図面にする電子タトゥーを開発

Tel Aviv U's electronic tattoo said to read your face, and emotions | The Times of Israel

 f:id:ebiharaism:20160713195705j:image

テル・アビブ大学は、筋肉と神経細胞の活動を測ることによって、言われる、新しい、一時的な「電子タトゥー」を開発しました表情をモニターすることによって感情を図にする研究者を可能にします。

 

テクノロジーが医学およびリハビリテーション目的のために使われることができます、そして、ビジネスとマーケティング調査のためにさえ、我々の感情的な人生に対する洞察を提供することによって、TAU(テルアビブユニバーシティの略ね)は声明において言いました。

 

タトゥーは、カーボン電極(皮膜にくっつく接着性表面と電極のパフォーマンスを強化する微小工学ベースの伝導性のポリマーコーティング)から成ります。それは、皮膚を刺激することなく、引き続いて何時間も強い、安定した信号を録音します。

新しい電極の1つの大きな使用は、顔の筋肉から受け取られる電気信号を通して表情をモニターすることによる感情のマッピングです。

 

「大部分は写真とスマートなソフトウェアによって、研究者は世界中で、表情を分析することによってマッピング感情のための方法を開発しようとしています」と、Yael Hanein教授(ナノサイエンスと微小工学のためのTAUのセンターの上部)は言いました。そして、その人はテクノロジーを開発しました。「しかし、我々の皮膚電極は、より直接で便利な解決を提供します。」

テクノロジーは、広告主と世論調査者が製品と状況に対する人々の反応をテストするのに役立つことができたと、彼女は言いました。

「人々の感情を確認して、図にする能力には、多くの潜在的用途があります」と、Haneinは言いました。「広告主、世論調査機関、メディア・プロその他 — すべては、いろいろな製品と状況に対する人々の反応をテストしたいです。今日、利用できる精密な科学的ツールなしで、彼らは大部分は必然的に主観的なアンケートに頼ります。」

電極が彼らの筋肉と神経活動をモニターして、Haneinを言う間、タトゥーは患者が彼らの日課を続けることを許諾します。「考えはそうです:それをくっつけて、忘れてください。」

 

新しい皮膚電極は、同様に重要な治療的なアプリケーションを備えています:タトゥーは、テル・アビブ医療センターで研究において神経変性疾患患者の筋肉活動をモニターするのに用いられます。そして、そのうえ、特定の筋肉で測られる生理的データは、将来道でドライバーの機敏さを示すのに用いられるかもしれません;リハビリテーション以下の脳卒中または脳損傷の患者は、筋肉支配を改善するために、テクノロジーを利用するかもしれません;そして、手足を失った人は、残りの筋肉で義肢を動かすために、それを使用するかもしれません。

 

電極はヨーロッパの研究会議(ERC)プロジェクトの製品で、イスラエルの経済省のBrain-Stimulation-Monitoring-Treatmentな(BSMT)コンソーシアムから、支持を受け取りました。研究は先月科学的なレポートで発表されて、TAUで開催される国際的なナノ医療プログラムで提示されました。【Yahoo!翻訳ここまで】

 

イスラエルは医療機器の開発と武器開発が盛んな国。そんな国がこのタトゥーを何に使うつもりなのか興味があって翻訳してみました。

開発途中の段階ではあるけど、消費者の顔につけて感情を読み取ることで、効果的なコマーシャルなのかどうかを判断するという話。広告代理店から研究費もらってるんでしょうか。

 

個人的に気になったのは、体内の微弱な電気を読み取ることで義足を動かすことができる可能性があると。

これについては喜ばしいことだと思うけど、武器開発に転用するとしたら人間の感情にリンクして攻撃を行う無人機が出来上がる。

ほとんどエヴァンゲリオンみたいな話ですが可能ですよね…

 

 

 

広告を非表示にする