読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

8月10日 忘却今傷

00-06 H

06-12 HH

12-18 CH

18-24 CHH

 

 

C. 関東地方 -0-0-1-1=2

H.九州地方  -1-2-1-2=6

合計回数      -1-2-2-3=8

 

02:26 熊本県熊本            10/2.0 ①

10:09 熊本県天草・芦北 10/2.5 ①

11:13 鹿児島県薩摩         10/2.9 ②

14:51 茨城県沖                50/3.8 ②

16:26 日向灘                    20/4.2 ①

18:04 硫黄島近海             浅/4.9 ① 20:05 熊本県熊本             10/2.3 ②

21:08               〃             10/2.3 ①

 

東京新聞:長崎原爆71年「核の傘」脱却を 「被爆者だからこそ言わねば」:社会(TOKYO Web)

被爆者が長年訴えてきた核兵器禁止条約は、世界の非核保有国の多くが賛同している。しかし、米国の核抑止力「核の傘」に依存する日本政府は賛同に踏み切れない。「このままでは唯一の戦争被爆国としての名誉が守られない」。井原さんは、日本が核兵器禁止の動きに先進性を示すことこそ、被爆国のあるべき姿だと訴えた。

 

 A氏が甲状腺がんを名乗り出たのは、放射能汚染の影響が忘れ去られようとしている現状に警鐘を鳴らしたかったからだ。

「提案したいのは、関東地方を含めた汚染状況の徹底調査(ホットスポットの特定など)と、被曝リスクが高い人たちへのがん検診の体制強化です。福島を訪問して感じたのは、医師たちが原発事故と甲状腺がんを関連づけることに神経質になっていることです。箝口令が敷かれていると感じたほどです。『リスクがどれぐらいあるのか』『地域によってどの程度、汚染に違いがあるのか』といった重要な情報が十分に知らされていない」(A氏)

 

 

 

広告を非表示にする