読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

エドワード・スノーデンがオバマを擁護する論拠を述べる

Edward Snowden makes 'moral' case for presidential pardon | US news | The Guardian

米国の大統領が1月に辞任する前に、エドワード・スノーデンは彼に許しを与えているバラク・オバマを擁護する論拠を述べました。そして、米で英国情報部による監視のスケールの発表が道徳的に正しいだけでなく、市民もより裕福なままにしたと主張しました。

サポーター(彼の米国の弁護士を含む)が大統領恩赦のための運動を進めたので、米国告発者のコメント(ガーディアンでインタビューにおいて作られる)は来ました。スノーデンは米国で指名手配されています、そこで、彼はスパイ活動法を犯したとして訴えられて、刑務所で少なくとも30年を科せられる可能性があります。

モスクワからのビデオ・リンクを通して月曜日に話して、彼が亡命中の所で、スノーデンは2013年の何万もの国家安全保障局とGCHQ文書の彼のリークの結果のどんな評価でも人々が利益を得たことを明らかに示すと言いました。

「はい、1つのものと書かれている、しかし、おそらく、許し力が存在する理由である本に関する法律が、あります – 例外のために、ページの上で我々が道徳的に彼らを見るとき、我々が倫理的に彼らを見るとき、我々が結果を見るとき、これらが必要なものであったようであるという手紙で不法なようかもしれないもののために、これらは不可欠なものでした」と、彼は言いました。

「私は人々が利益の計算を見るとき、2013に続いて、我が国の法律が変わったことが明白であると思います。[US]議会、法廷と大統領はこれらの発表の結果として彼らの方針をすべて変更しました。同時に、一人の個人もその結果危害にあったという少しの一般の証拠もこれまでありませんでした。」

 

米国の大統領が若干の驚くべき許しに辞任するとき、そうしているオバマの可能性が遠くにあるようなことを認めたが、しかしさえ、ホワイトハウスに入る前に、彼はしばしばプライバシーの論拠を述べて、大規模な監視の危険性について警告した憲法弁護士でした。

彼がスノーデンが公益事業を果たしたと言ったとき、しかし、オバマの元検事総長エリック所持者は5月に許しのための運動に予想外の後押しを与えました。

キャンペーンは、金曜日に米国でリリースの予定で、オリバー・ストーンの映画(スノーデン)から、更なるリフトを受け取ることができました。週末に、ディレクターは、彼が映画が告発者の後に意見を移すのを助けることを望むと言って、彼の声を許しを求める訴えに加えました。

 

一般公開前に、ビデオ・リンクを通してその後議論に参加する石とスノーデンのための計画で、映画は水曜日の米国中の700の映画館で上映されます。

彼の広範囲のインタビューにおいて、スノーデンは、NSAリークの正味の公益が明白であると主張しました。「これらの発表なしでは、これらの意外な事実なしでは、我々はよりひどい状況です」と、彼は言いました。

2013年6月の香港では、彼がジャーナリストに彼の文書を渡したとき、まるで彼の運命をあきらめるように、スノーデンはほとんど不自然な落ちつきを示しました。月曜日に、彼は、その時、死んだか、米国で投獄された「暗黒の終わり」を予想したと言いました。

3年以上が進行中で、彼は元気が良くてリラックスしたように見えます。彼は、仲間の告発者チェルシー・マニングの運命を避けました。そして、その人は米国に独房監禁でいます。スノーデンは、遅く夜遅くまでサポーターとオンラインのチャットと通信して結構です。

ツイッターの彼の230万人の支持者は、彼の意見を表すために、彼に巨大なプラットホームを与えます。彼は、ジャーナリストを助けようとするためのツールに取り組みます。彼はモスクワに制限されないで、ロシアを旅行しました、そして、米国の彼の家族は彼を訪ねることでした。

しかし、すべての反証(それは起こります)にもかかわらず、スノーデンはまだ米国に帰国したくて、自信があるようです。「時間の充満に、私は、家で終わると思います」と、彼は言いました。

「当局(その人は彼らがプログラムを保護しなければならないように感じました)の1倍、彼らの位置(彼らの経歴)は政府を去りました、そして、我々はより歴史の展望からものを見始めます、告発者とのこの戦いがアメリカ合衆国の利益を取り扱わないことはかなり明白です;むしろ、それは彼らを傷つけます。」

スノーデンは、たくさんの陰謀説を引きつけます。早くから、彼は中国とそれからロシアのスパイのためのスパイであったとして訴えられました。8月に、変わった不在が続く謎めいた囀りは、彼が死んでいた推測を促しました。彼は、単に休暇に行ったと言いました。

 

彼のパートナー(リンジー・ミルズ)が彼のもとを去ったという噂もありました。そして、彼らのロマンスが石の映画の大部分を占めて、それはきまりが悪かったです。スノーデンは、「彼女は私といます、そして、我々は非常に幸せです」と言いました。

彼の意外な事実は、世界的な議論と適度の立法上の変化に終わりました。より多くの記号は、おそらく、その監視です、そして、最新のジェイソン・ボーンとテレビ・シリーズ(例えば良い妻)のもののような映画の中で、技術的変化の影響は大衆文化にしみ込みました。

証拠によって支持されない当局によって匿名の状況説明に直面しているとき、スノーデンも少なくとも一部のジャーナリストの側の「懐疑論ルネッサンス」を歓迎しました。

彼は、ある日、システムを悪用した大統領がいるかもしれないと危険の3年前警告しました。オバマの在任期間が比較的穏やかなようだったとすると、警告は多くの牽引を得ることができませんでした。しかし、民主党をロシア人に傷つけることへのドナルド・トランプの反応に続いて、それは今日、より共鳴します:望んだために、彼にはヒラリー・クリントンの電子メールに切りつける力がありました。

オバマ(そのことはありそうなようです)がスノーデンを特赦するのを辞退するならば、クリントンかトランプの下の彼の可能性はさらによりわずかなようでしょう。彼は、2016年の大統領選を「提唱されている種類の権威主義的な方針に関して」前例がないと言いました。

「残念なことに、今日の政治主流(職のために走っていない専門家さえと解説者)の多くの候補は、若干の利益がそうする際にとられるためにある限り、我々が、なにがなんでも、何でもすることができなければならないと思っています。しかし、それは警察国家の論理です。」

彼は英国の首相にさえより感動しません。そして、5月にテレサを「イギリスの一種のダース・ヴェーダー」(監視法案は「どんな法律でも西欧世界でプロポーズしたより遠く成功します、人権の実にひどい侵害」です)と称します。

 

スノーデンはロシアの大統領(ウラジミール・プーチン)を非難することができないことで敵によってまず最初に叱りつけられました、しかし、彼はますますうるさくなりました。亡命者保護の拡張への彼の申し込みが来年更新の予定であると想定すれば、それは潜在的に危険な動きであるので、なぜそれをしますか?

「さて、私が信じる何かのために危険を冒したことは、最初でありません」と、彼は言いました。「これは複雑な状況です。ロシアは焦点の私の地域でありません。それは専門知識の私の地域でありません。私は本当に参加することができた流暢な方法でロシア人を話さないで、方針に影響しません。しかし、私が信じるために、何かが起こる時は明らかに正常なものの違反です、私は我々が立ち上がらなければならなくて、何かをそれについて言わなければならないと思っています。

「私のプライオリティーは常にロシアよりもむしろ私自身の国でなければなりません。ロシアの人権状況を改良するのを手伝いたいです、しかし、私は実際のロシアの活動家自身と比較してそうするために決してふさわしい立場にありません。」

もしかしてトランプが政権を握っていたかどうかという見当により従うプーチンと、彼は米ロ捕虜交換の一部として終わるかもしれませんか?「どんな政府でも言うことができた可能性(『さて、それが人権の侵害であるかどうかは本当に重要でありません、それが法律違反であるかどうかは本当に重要でありません、切り札としてこの個人を利用することは有益です』)が常にありました。これは私専用でありません。これは毎日世界中の活動家に起こります。」

彼は人々を監視について話すようにするための仕組みとして石の映画を見ると言いました、が、彼は他の人が彼の話を語って不快であると感じました。

 

スノーデンは彼の回顧録を書くことで遊んだが、多く前進しませんでした。少なくとも3冊の本が、途中に彼についてあります;ワシントン・ポストのバートGellmanと2つの他による広範囲に研究された人は、敵対的にしようと思いました。

彼がパナマ新聞のための関係者であったかどうか尋ねられます – 関係者によるコメントは、スノーデンのようです – 彼は笑いました。彼は歴史で最も大きい情報流出を称賛しました。そして、彼が通常、どちらの否定することもによって他の告発者に外套を着せなくして満足であるとも付け加えたし、彼が関係者でもあったことを確認しました。しかし、彼はパナマ新聞の場合例外を作ります。「私は、それの少しの称賛も要求しません。」

世間の目に近づかないようにしようとすることに彼の人生を費やした誰かのために、彼が今はハリウッド映画とオスカーを獲得したドキュメンタリー(そして、プライバシーを含むいくつかの脚本)に出演したこと、ちょうどニューヨークで走力を終えて、そして、彼にはダニエル・ラドクリフと並んで役がある。

「それは私のためのただならぬ経験でした。私は俳優でありません。私はそれがあまり得意でないと話されました。しかし、あなたは私がそうすることができるならば、私が試みることができるということを知っています、そして、多分、それは助けるでしょう、私はそれに私の最高のショットを与えます。」

スノーデンにとって、たとえ孤独であるとしても、許しのための彼の運動は彼の窮境をハイライトする機会を提供します、そして、彼はそれら全てのおかげで、誰がそれを後退させているかについて表しました。彼も、映画の大騒ぎの後、背景へとようやく消えて行くことができたことを望むと言いました。「それが終わっていることを本当に願っています」と、彼は言いました。「それは、誰でもくれることができた最も大きな贈り物です。」【Yahoo!翻訳ここまで】

 

ここからは私の感想。

オリバー・ストーン監督の映画についての訳文が「石の映画」になってますがご愛嬌。

スノーデンの立場は一貫としていて帰国が意味するものは、違法な盗聴を繰り返しているNSAの行為こそが国益を害する行為であって、帰国は自らの正当性を立証する意味を持つと考えられます。

政治の制度設計が警察国家の為のシステムとなっている中で、現在起きている大統領選は前例がないとの評価も頷けます。

これは、ウォール街から資金援助を受けなかったドナルド・トランプバーニー・サンダースを指しますが、残念なことにバーニー・サンダースがヒラリーに負けてしまったので、1%を批判するレイシストのトランプvs99%の味方のフリをした1%側のヒラリーという構図。

しかも、トランプにはヒラリーのメール問題を責めるカードがある。

もはやめちゃくちゃな話だけども、警察国家は常にAプランとBプランを考える。スノーデンはずっとそこを「監視」しているという感じですかね。

日本でも様々な法律がパーツとして議会に持ち込まれていて、例えばマイナンバーと銀行口座が紐づけられ、共謀罪とテロ資金凍結がリンクすると、政府にとって都合の悪い人間の経済力を簡単に無効化できる。

特定秘密保護法は主に内部告発者に対する圧力だったけど、盗聴法と共謀罪は国民に対する圧力を目的としたもの。

これらについてはスノーデンが以前に日本で仕事をしていた時からNSAが働きかけていたと暴露している。

私たちが犯してはいけない罪というのは、クソみたいな理由で自らの権利を捨て去ってしまうことではないだろうか。

法律は次世代にも影響を与えるうえ、自民党憲法そのものを変えようとしている。

その突破口が「緊急事態条項」

秋の臨時国会でどのようなことが話し合われるのか定かではないが、民進党内部にも日本会議関係者がいると考えられ、代表選に立候補している前原氏は緊急事態条項を必要と考えている。

維新の党?だか維新の会?も、自民党の補完勢力であることから、スピード可決に注視しなければならない。

マスコミが機能してない日本ではほとんどの有権者が白痴のまま選挙を行い現在に至っている。

腐敗した権力者たちが仕掛けたシステムが国民に牙をむくのは時間の問題だ。

 

 

 

広告を非表示にする