読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

10月7日 ドラクエやってろ

00-06 ×

06-12 AA

12-18 C

18-24 ×

 

A. 北海道地方-0-2-0-0=2

C. 関東地方   -0-0-1-0=1

合計回数        -0-2-1-0=3

 

00:52 台湾付近     浅/5.8 ①

08:33 内浦湾        10/3.0 ③

09:14 浦河沖        70/4.3 ②

16:37 茨城県北部 10/2.6 ①

 

台風が通過してから大きい地震が起こると思っていたが、日本列島は変化なし。

このまま穏やかに年越し蕎麦を食べたいですね。

 


 

 

昨日、木曜日のjamtheworldで博報堂の栗田という人が少子高齢化社会の起爆剤としてカジノ法案の必要性を説いていた。

カジノはリゾート施設全体の3%だけであるし、ギャンブル依存症になったらカジノの利益から社会復帰のシステムを作るとか。

また、成功例としてラスベガスやシンガポールを挙げていた。

 

法案の成立によって自分たちに利益が出るわけだから、広告マンとして美辞麗句を並べるのはあたりまえだ。

根本的な問題として少子高齢化ならば人材育成に投資すべきであって、土建屋と広告代理店に税金を割くべきではない。

また、成功例として挙げられた2点についても移民社会であることが大きいのではないか?

つまり、定住的な価値観よりも外から人や経済を引っ張ってくる風土があるということ。もちろんここには人種や宗教に対する理解も必要不可欠だ。

栗田氏は横文字を並べるだけで、文化摩擦に関する言及はなかったと思う。

 

東京五輪のスタジアム建設や豊洲の問題と同じように、現場のことを知らない人間が机上の空論をぶち上げて失敗するのは目に見えている。

議員の中にはセガサミーなどから政治献金を受けている人間もいるだろう。

 

私は以前から何回も何回も言っているがバブル世代の思考回路が嫌いだ。

鶴の一声が精神論。時代の変化に対応できずに、自らの保身のために躊躇せずに若者の未来を溶かしていく。

 

責任は取らない。

そのために議事録を取らない。

記憶にない。歳をとって分からない。

 

そんなにカジノが好きならドラクエやってろ。ほんと、大っ嫌い(笑)

 

 

広告を非表示にする