読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

「サントリー天然水 presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー」の感想

肩こりの治し方を募集 

サントリー天然水 presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー|トピックス|FM COCOLO

宇多田ヒカルがラジオに帰ってくる!内容・選曲・BGM等も自ら手がけ、現在日本のみならず世界でヒット中のアルバム『Fantôme』に込めた想いを語ります。
今回は「シェアラジオ特別番組」として放送。番組を聴いて「良いね!」と思ったらradiko.jpシェア機能を使い、誰かとシェアしてみてください!

● 放送日時=2016年10月11日(火)12:00-13:00
● 出演=宇多田ヒカル
【提供:サントリー天然水/radiko

 

アルバム「Fantôme」 オリコン週間CDアルバムランキング2週連続1位獲得【宇多田ヒカル ニュースレター】 

 

新アルバム「Fantôme」は世界各地でスマッシュヒット。期待値にブランクは関係ないということでしょうか。

今回の放送をとても楽しみにしていた私は、正午を迎えるとともにJ-waveにチャンネルを合わせて聞き齧りました。

(各ラジオ局ごとに放送時間が違います。でも、いつでも聞けるんです。そう…アップデートされたradikoならね!←ボケてみた)

 

まず、ジングルですね。

くまパワーアワーの時もそうですが、今回も手作りのジングルが使われました。

なんて言ったらいいのかねぇ笑

ジングルの個性が強くてどの曲にも合わない感じが面白かった。

「ドドドドドド!」みたいなヤツとか

モーツァルトみたいな、ドヴォルザークみたいなやつとか世界観がぶっ飛んでました。聴けば分かります。

 

番組の構成はライナーノーツ形式で、新曲ができるまでの背景や経緯などが語られました。

セットリストは以下の通り。 

  1. 二時間だけのバカンス
  2. ともだち
  3. 花束を君に
  4. 忘却
  5. マイウェイ

 

キーワードはダブルミーニング

Twitter

f:id:ebiharaism:20161011131748j:image

私は初めて「二人だけのバカンス」を聞いた時に「不倫ソング」だと思ったのですけど、そのあと考え直して、あれは夫婦水入らずの比喩だと解釈を変えたんです。でも、一番と二番とでダブルミーニングなんですよね。

 他の曲に目を向けてみると「花束を君に」でも、薄化粧が死化粧とでダブルミーニングになってますし、「荒野の狼」は活動休止前のWILDLIFEとかけてると思います。

 

「ともだち」では主人公が異性愛者ではなく同性愛者という点が特徴ですね。

 NHKのSONGSでこの曲がオンエアされた時に、宇多田ヒカルLGBTに対する理解がある人なんだというツイートが多く流れていました。

宇多田さんは「Merry Christmas Mr.Lawrence FYI」の頃にはLGBTの問題についての見識がありましたから、こうやって作品のテーマになると感慨深いです。

 

番組のラストにかけられたのは25歳の藤圭子さんが新宿コマ劇場で「マイウェイ」を歌った音源。

まさに表題曲「道」とのダブルミーニングですよ。

 

Twitter

f:id:ebiharaism:20161011142103j:image

初めて「道 」を聞いたのは爆笑カーボーイの中でした(お前どんだけラジオ聴いてんだよ)

宇多田さんは我が子の誕生で自らが母となって、自分の母親と同じ視点で創作されていると思うんですけど、それを踏まえて「いついかなる時も」の意味は「母親が通った道である」という深い意味を感じたんです。

 

今 船出が近づくこの時に

ふと佇み 私は振り返る

遠く旅して歩いた若い日を

全て心の決めたままに

愛と涙と微笑みに溢れ 今思えば楽しい思い出よ

君に告げよう 迷わずに行くことを

君の心の決めたままに

私には愛する歌があるから

信じたこの道を私は行くだけ

全ては心の決めたままに

愛と涙と微笑みに溢れ 今思えば楽しい思い出よ

君に告げよう 迷わずに行くことを
君の心の決めたままに

私には愛する歌があるから
信じたこの道を私は行くだけ
全ては心の決めたままに

 

 藤圭子さんの歌唱力はやばくて圧倒されますね。25歳ですって。「君」に「光」を代入すると泣けてきます。

このタイムカプセルは娘と家族に向けた餞の言葉に感じました。

それを受け止めての宇多田ヒカル「道」ですよ。

 

 

この番組の後のDJのやりにくさったらないでしょうね笑

だって、勝てませんもん。

 

兎にも角にも母の面影という名のファントーム。

人それぞれの「点と線」

「KEEPTRAIN」「Goodbye Happiness」からの「道」

今しか残せない作品を創り続けて、ドラマを魅せ続ける宇多田さんの今後の活動に注目です。

 番組の途中では子育てのせいか肩凝りが酷いという話もありました。
Twitterで解決方法を募集してるそうなので、アイデアがある方はご本人に送ってみてはいかがでしょうか。

 宇多田ヒカル(@utadahikaru)さん | Twitter

 

おまけ

f:id:ebiharaism:20161011152122j:image

サントリーには「マウンテンデュー」という飲み物があるのに、どうして今回は使わなかったんでしょう。

宇多田さんが登山して「マウンテンデュー」を飲むCMのほうが面白いと思います。

ちなみに石油由来の着色料も入っているので、私はあまり飲みたいとは思いません←おーいっ!

 

radiko.jpを App Store で

 

 

広告を非表示にする