モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

10月16日 タイムフライヤーG

00-06 D

06-12 H

12-18 DBBBB

18-24 HADHA

 

A. 北海道地方-0-0-0-2=2

B. 東北地方    -0-0-4-0=4

D. 中部地方    -1-0-1-1=3

 

H.九州地方     -0-1-0-2=3

合計回数         -1-1-5-5=12

 

05:36 長野県中部      10/2.3 ①

08:03 熊本県阿蘇      浅/2.5 ①

13:51 石川県能登      浅/2.0 ①

14:38 宮城県沖         20/3.8 ②

15:14 宮城県南部   130/4.0 ①

16:37 宮城県沖        20/5.3 ④

16:58          〃          20/4.1 ③

18:31 福島県中通り 10/3.7 ②

19:29 根室地方中部 90/3.5 ①

19:59 静岡県西部     20/2.8 ①

20:17 有明海            10/2.6 ①

21:43 十勝地方南部 50/4.2 ②

 

 

 

『僕らタイムフライヤー 時を駆け上がるクライマー』のフレーズを聞くとなぜかマクドナルドのポテトが揚がる「テロローテロロー」を連想してしまう。

きっと、脳内の検索エンジンがどうかしてしまったのだろう。

今、読んでる本を読むのがだんだんしんどくなってきて、気晴らしにテレビを点けたらモヤさまで『狩野アナ卒業SP』をやっていた。

裏では真田丸、鉄腕ダッシュ&イッテQ、アメトーク日曜版が放送されていてかなり競争が激しかった。(フジテレビとTBSは知らない)

番組の中では撮影終了が近づくたびに、さまぁ〜ずの二人が「これが最後だな」という圧力をかけて狩野アナの涙腺をイジメていた。

ラストの石鹸屋さんの場面では番組と同じように歳を重ねた子供たちの姿があり、自分に子どもができた大竹さんを感傷的にさせていた。(すでに狩野アナは泣いていて、三村さんだけがはしゃいでいた)

番組のクライマックス。

狩野アナから視聴者に向けてメッセージが伝えられる時、「さまぁ〜ずさんがいなかったら…私は…」と声を詰まらせながら最後の仕事を精一杯こなす狩野アナ。

その姿を見たかったのか、クロゴキブリが私の足に「スチャッ!」

私はてっきり飼い猫のヒゲだと思った。

 

『いや、違うこれはGの触角だ!』

 

それからの戦闘は早かったーー

全てが終わった時にはもう番組は終わっていた。

最近、一週間がやけに早くて時間が分からない時がある。それでもきっと、来週の今頃はゴキブリのことを思い出しているんだろう。

 

新潟県知事選挙、勝ってよかったですね。

広告を非表示にする