読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

【 「テロ等組織犯罪準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について】 電話:落合洋司(元・東京地検特捜部検事)

JAM THE WORLD : J-WAVE 81.3 FM RADIO

今夜のテーマは、来週金曜日召集の通常国会で提出されるかもしれない
共謀罪」の成立要件を絞り込んだ「テロ等組織犯罪準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案。

共謀罪」は、捜査当局の拡大解釈による人権侵害を生む恐れがあるなどの反対意見もあり、過去3度、廃案になっています。
そんななか今回は、東京オリンピックパラリンピック開催を控え、
テロ対策として過去の法案を修正しての提出になるとのこと。

去年末、弁護士の海渡弁護士にもお話を聞きましたが…、今回は、捜査側の人たちはこの法案をどう見ているのか?
東京地検特捜部の検事だった落合洋司弁護士にお話を伺います。

以下、メモです。

 

今回は捜査をする側からの視点で議論しましたが、「共謀罪はただちに必要ではなく、重要なのはテロを未然に防ぐ為に情報の連携とることであり、乱用のないように歯止めをかけること」というのはその通りだなぁと思いました。

過去には村木厚子さんのような事例もありますし、タイムリーなものでは沖縄の基地建設反対のリーダーを三ヶ月も拘束している現状があります。特定秘密保護は内部の人間を黙らせる効果がありますが、共謀罪は政府にとって不都合な人間を逮捕することが可能になるので、政治的な言論封鎖を狙っていると感じます。

無関心を着飾った国民がそれを白紙委任してしまうのかどうかが鍵ですね。

 

軽い容疑で再三逮捕 沖縄反基地リーダー“長期拘留”の異常 | 日刊ゲンダイDIGITAL