読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

3月26日 こんな完全犯罪は嫌だ。

00-06 ×

06-12 HH

12-18 ×

18-24 B

 

B. 東北地方 -0-0-0-1=1

H.九州地方  -0-2-0-0=2

合計回数     -0-2-0-1=3

 

06:12 熊本県熊本     10/2.3 ①

07:08          〃           浅/2.5 ①

20:47 青森県東方沖 40/3.9 ①

 

 手乗り文鳥のピーちゃん

今日の爆笑問題の爆笑サンデーにエレファントカシマシの宮本さんが出演したんだけれど、これがかなり面白かった。

出演は16時からだったんだけど、リスナーのメールか何かを紹介してる最中にブースに入って来ちゃって「あっ、とわうも宮本です」って挨拶してすぐ太田さんが「普通に登場しないよね」って言って口火を切った。

「最近どうなの?」っていう振りから、知り合いから為替相場の変動で自分の預金が50円損をしていることに気づいたとか、浮世絵を買いすぎてお金がなくなった時期があるって話があって。ぶっ飛んでる感じの一端が垣間見えたそのあと、太田さんがイジワルで「女子アナ泣かしたんだっけ?」っていう過去の話題を投げた。

そしたら宮本さん純粋だから「これ言っちゃっていいんですかね?」って前置きしつつ、TokyoFMで放送事故を起こした例のやりとりを話したんですよ。

後日分かったそうなんですけど、宮本さんの知人の妻だったそうで、だからフレンドリーに接していたみたいなんです。でも、宮本さんはそんなこと知らないから「馴れ馴れしい人だなぁ」って思っていて、しかも性別も違うし違和感が取れないまま放送が進んで「全部がメインディッシュでどれから食べたらいいか分からない!」って言われて「なんだそのセレブみたいな例えは!」って感じてあの事故が発生したそう。

直後の自身としてはそんなおおごとになるとは思っていなくて、ネットで広まってしまって驚きつつも、結果的にアルバムがかなり売れたって笑(オチが秀逸)

あとは、父親が会社員だったから自分もそうなると思っていたとか、学生時代に8回休んだとか覚えていたり、手乗り文鳥の名前がピーちゃんだったとか、イチゴが好きすぎることとか、ドラマに出た時にスミレ先生役の人を本当に好きになってしまったとか、ヨーロッパ人すげーなとか、とうていWikipediaに書いてあるとは思えない世界観が語られた。

エレファントカシマシのファンの方はぜひタイムフリーで聞いてほしい。

 

 こんな完全犯罪は嫌だ

それと、テレ朝でアガサクリスティーの「そして誰もいなくなった 」を二夜連続のドラマにしたと聞いて見ることにした。

まず第一夜は登場人物たちの紹介と死ぬ速度(殺される)が釣り合っていなくて、次々と死んでいく恐怖がなかった。

向井理なんて「パーティーを楽しみましょう」というフラグを立てた瞬間に死んだ。

あと、大地真央の光量が年々強くなっている気がしたし、離れ小島のミステリーって時点でTRICK臭を放っている仲間由紀恵はスイミングスクールのコーチだったのにプールサイドで水着を着ずにジャージ姿っていうのが「ごくせん」だったし、津川雅彦古畑任三郎の時も妻に浮気をされて今回も浮気をされるネトラレ俳優になってしまって、柳葉敏郎(ギバちゃん)は銃をクルンクルンさせるのが上手かったから現場をしってる室井さんだったし、橋爪さんは斧で頭を割られたはずなのに斧に血痕がついて居なかったきがします。

誰かが死ぬのと同時にケースの中の人形が姿を消すなら、どうして人形を見張っていなかったのかとモヤモヤしたまま第二夜に突入。

 

第二夜はほぼ「バイオハザード7 」にしか見えず、ランプを持って徘徊する仲間由紀恵はマーガレットにしか見えないし、食卓でご飯を食べる余貴美子はひたすら恐怖しかなかった。

この時点で第一夜を超える恐怖があり、「人狼」のように集団の中に犯人がいるのか、それとも「プレデター」のように第三者が殺人を繰り返しているのか分からない疑心暗鬼の心理戦へと突入。

名前なんだっけさんは北海道の民芸品店に売ってそうな熊で撲殺され、ギバちゃんは「私恐い」としなだれる仲間由紀恵に拳銃を奪われて射殺されるという冗談にもならならい仲間割れをされる。

最後に残った仲間由紀恵は過去の回想シーンで、異様に歯の白い売れない画家と結婚するために邪魔になった子どもを殺したことが判明し、懺悔のために首を吊って終了。

その後、島にやってきた沢村一樹どすけべ変態社長が主人公になりトリックをあばくパートに切り替わる。

すぐ人形のケースを確認しスイッチが見つかる。どうして誰も見つけられなかったのか分からず私は困惑し、全員脳筋だったと仮説を立てて納得した。

その後、各殺人に関する捜査が行われ大量の隠しカメラが見つかった。そのうち10台からはデータが抜き取られており、沢村一樹は犯人からの挑戦状であると受け取ってふざけた演技をしつつ真面目に事件を解決する。

 トリックは判事が首謀者で、共犯者のDr.余貴美子に「死んだ」と言わせて死んだふりを装って犯行に及んだ。

最後まで生き残って警察へのヒントをちりばめたあと、拳銃の先にレンガをコンブ(野生のネズミが食べて証拠隠滅)で巻きつけ窓の外にレンガ(この中にメモリーカードが入ってた)を出して、窓際で拳銃を撃って自殺。暖炉の熱で天井のロウが溶けてシーツが自分の上に落ちてくるという面倒な仕掛け。

レンガの中から取り出されたデータはネタバレ動画で、おでんツンツン男と同類の痛いおじさんであることは間違いなかった。

動機はえん罪による死刑宣告を行なった自分は末期の肺がんを患っており、殺人を行なった人間も殺してしまおうという判事とは思えない飛躍したものだった。

見るに耐えない動画を早送りすると、生前のおっさんが自宅の自慢を始めた。

その中で自分には幼い頃から正義感の強い性格と殺人に興奮する性格の2つがあり、判事になってから被告席の犯人が悶える姿がたまらなくなったという。

これは死刑に値する人間をいじめるという意味だが、年々自分で殺人を行いたくなりミステリーオタクを飛び出して完全犯罪を行う計画を考えたと告白。

また、自分の正義がGOサインを出したと強調。麻薬取引を行なっていた人間を利用して雑務をやらして、自宅の庭に埋めたと自慢。

さらに、余貴美子に対して殺人犯を見つけるために協力を持ちかけたと言って、あとは全て自分が行なった、どうだ芸術的だろと言って終わる。

 

おいおいおいおいおい!笑

鼻にチューブ通してゼェゼェ言ってる肺がん患者なのにどんだけ肉弾戦に自信あるんだよ!と。

大地真央なんて首筋に注射されてましたから、部屋に入ったことも気づかれずにそおっと刺したわけですか?

キャーって言われたら終わりですよね?

ギバちゃんなんて仲間由紀恵が殺すという偶発的な殺人ですから完全犯罪とは言えませんよね。

「いや、ちょっと待て」と思った私は、判事がその殺人を麻薬取引の人間を利用して行なったんだ。つまり、殺人をそいつに行わせて、一旦家に帰って最後の動画撮って〜と仮説を立てたが、この最後の動画の録画日は1月10日だったので成立しなかった。

つまり、バイオハザードばりの肉弾戦を末期の肺がん患者が行なったことを視聴者に受け入れろというのだ。

二夜目になって面白くなっていただけに、こんな形で「わしじゃよ新一」と言われるとは思ってもみなかった。

まぁ、コンブのあたりからおかしいとは思っていたが私はこんな完全犯罪は嫌だ。

 

 

 

広告を非表示にする