モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

4月7日 世界は今日もめちゃくちゃだった

00-06 H

06-12 ×

12-18 ×

18-24 C

 

 

C. 関東地方 -0-0-0-1=1

 

H.九州地方  -1-0-0-0=1

合計回数     -1-0-0-1=2

 

02:31 福岡県北西部 10/3.3 ①

22:49 茨城県沖        50/3.5 ①

 

 

 

f:id:ebiharaism:20170407172344j:image

 アメリカがトマホークミサイルをシリアの空軍施設へ発射したということで、すごい勢いでタイムラインが流れていくのでTwitterに追加されたデータセーブ機能がありがたくて仕方ない。

習近平との首脳会談の最中にトランプは今回の攻撃を行ったわけだが、戦争に介入して支持率アップを狙ったのだろうか?

「世界の警察をやめる」と発言したからトランプに投票した有権者はどんな顔をしているのだろう。

 

ブッシュが大量破壊兵器を口にした時、小泉純一郎がいの一番に指示したが、大量破壊兵器は存在せず、先の大統領選では弟のジェブブッシュがその間違いを認めた。

今回、シリア国内で撒かれたサリンがどこの組織による攻撃なのかは分からない。国連が調査するしかないがロシアが拒否権を行使すると進まない。

それも分からないまま攻撃を支持すると表明する「絆(足舐め保身政治)」という宗教原理主義者はどうかしているのではないか。

教育勅語負の遺産としてではなく、良いとされる部分をつまみ食いして教材に使用することは問題ないと政府は言うが、原理主義者からすれば「不敬」である。

もちろん私は支持しないし、自分たちが権力の座に居座り続けるために利用できるものは全て利用し、必要なくなったら篭池氏や官僚のように捨て去るのが今の自民党で、彼らはアメリカに見捨てられたら存在する意味を失うのだし、公明党もまた自民党に見捨てられて維新にポジションを奪われるのが恐くてたまらないのではないだろうか。

登場人物の誰一人として国民のために政治をやっていないように思う。

一方で民進党共謀罪を廃案に追い込むために国民に呼びかけたのがニュースになっていたが、VR蓮舫とかいうゴミコンテンツを作るお金があるのなら有権者に対して今国会に提出されている法案の問題点を説明するような集会を開けよと思う。

権力を濫用する政府の後ろには経団連という巨大な組織があるのだから、イメージ戦略の付け焼き刃で対抗するのではなく、国民一人一人に対して問題点を提示するような姿勢でなければ邪魔でしかない。

例えば、集団的自衛権強行採決の後に民主党福山哲郎議員が国会前に集まった人々に対して「止められなくて申し訳ない」と頭を下げた時に、デモ隊の中から「お前らのためにやってるんじゃねぇ!」という声があった。一方で山本太郎議員が姿を見せた時には自然と「ありがとう」という声が聞こえた。

この違いはなぜかといえば、山本太郎議員は可決されることを分かったうえで、雨あられのように降り注ぐ与党議員の罵詈雑言の中でできる限りの抵抗権を行使して「牛歩」をしたのだ。それを見ていた国会前の人々からの感謝の気持ちが、自然と言葉になって現れたのだ。

もし野党の全ての議員が牛歩をしたらどうだっただろう?

「誰のために政治をやっているのか」という言葉の前で多くの議員が霞んで見える。

 

 

 ついさっき入ってきたニュース。

ストックホルムでトラックが突っ込み2〜3人の死亡者が出たという。テロなのかどうか気になるところ。

広告を非表示にする