モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

砂金を掬う夢

今朝は沼の中で砂金を掬う夢を見た。
砂金を掬ってるはずなのにザル的な物は使っておらず、私は手探りでゴツゴツした物を泥の中から引き上げた。結果的に2つの金塊だった。一つは溶けたピーナッツチョコみたいなゴツゴツしたフォルムで、もう一つは持ち手のない匙のような丸いフォルムだった。

寝る前に関連のあるものを見たり聞いたりした覚えはない。もしあるとすれば、山梨県で行方不明になった子どもの骨が見つかったというニュースくらいだ。連日報道されてるので刷り込まれていても仕方ない。でも、金塊の要素は一体どこから来たのだろう。謎だ。

目覚めた時に手のひらの中に光る何かがあった訳でもない。夢は雲散霧消に消え失せる。