読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

5月18日 喉元過ぎても毒は毒

00-06 ×

06-12 ×

12-18 ×

18-24 E

 

E. 近畿地方 -0-0-0-1=1

合計回数     -0-0-0-0=1

 

23:20 和歌山県北部 10/2.6①

 

 

夕方に土砂降りの雨が降った。

一部では雷も鳴っていたらしい。

梅雨が近づいている。

 

 

 

明日から1号機オペフロ調査/陸側遮水壁の維持管理運転について/地下貯水槽Aシリーズ3カ所で全ベータが最高値になるも漏洩のリスクは低いと回答 | 海老原いすみ | note

「 放射性物資は見に見えないし、地下水に混じっていたとしてもバレないし、地下貯水槽を解体すればいいんだから余計な作業しなくていーや」という態度に見えてしまう。おしどりさん以外にも追求する人がいないと、何もなかったようにされてしまう。

論理的思考を捨て去る人間達が核に触れていいわけないじゃないか。

 

 

信者育成施設の森友学園や、友達の加計学園に国有地を無償で譲渡し、警察に手を回して子分の強姦男を恩赦する。

私利私欲のために権力を使うことが日常化した政治家。共謀罪の条文に公権力を取り締まる文言を書いてしまったら自分達が捕まるから書けるわけがないのだ。

 

では、政治家だけが悪いのかといえばそうではない。選挙に当選させた人間も、籠池のような人間も、赤坂で一緒に飯を食う記者も、誰がやったって同じだよと選挙に行かず悪魔に主導権を渡してしまった全ての人も、繰り広げられる悪行を補完していることに気付くべきなのだ。

その小さな気づきが自浄作用だ。

これがなくなると簡単に他人の思想に塗り替えられて自己を失う。

解毒できずに他人に染められる人間が多すぎるのではないか。

 

みんなが美味しそうに食べていても、スイセンかもしれないから謎のニラは食わないと、踊り食いをしていてもアニサキスが怖いから食べないと選択しなければ生き残れない。

 

 

広告を非表示にする