読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

1月4日 膀胱サーキットトレーニング

00-06 H

06-12 FB

12-18 CIE

18-24 ×

 

B. 東北地方 -0-1-0-0=1

C. 関東地方 -0-0-1-0=1

E. 近畿地方 -0-0-1-0=1

F. 中国地方 -0-1-0-0=1

H.九州地方 -1-0-0-0=1

 I .沖縄地方 -0-0-1-0=1

合計回数     -1-2-3-0=6

 

03:22熊本県熊本  10/2.5 ②

06:53 フィジー        M7.2

11:08 鳥取県中部 10/2.0 ①

11:55 宮城県沖     20/3.4 ①

12:34 茨城県沖     50/3.6 ①

16:47 西表島付近 10/3.2 ①

17:16 三重県中部 60/3.3 ①

19:54 熊本県熊本 10/1.7 ① 

 

M6.9 - 221km SW of Nadi, Fiji

 

日本の発表だとM7.2だけど、USGSの発表は深さ17.1km M6.9

 

 

f:id:ebiharaism:20170104224717j:imagef:id:ebiharaism:20170104224726j:image

三時半に見上げた空に月があった。

やはり昼間のほうが月面を捉えることができる。

六時過ぎの夜空には遠ざかる金星を確認できた。

夜になると風が一気に冷たくなった。

今日の夕方から寒くなると天気予報で言っていたのを思い出した。

それからは紅茶を飲んでトイレに行くというのを繰り返した。この膀胱サーキットトレーニングに意味を見出すことが私にはできない。

 なんじゃこりゃ。

 

録画しておいた鉄腕アトムの舞台プルートゥを見た。

プロジェクターを使っているのが面白くて、舞台の展開も飽きさせない演出だった。

背景に映る映像として漫画のコマが使われていたんだけども、途中の演技でもその「コマ割り」を用いたシーンがあってかなり工夫されていてとても良かった。

森山未來の年齢不詳な感じと、永作博美さんの童顔を活かしたウランちゃんのキャスティングも面白い。

ストーリーの重要な箇所ではベテラン勢がきっちりと仕事をするし、登場するロボットの腕なんかもかなり凝った作りをしていて、お子様ランチ感はゼロだった。

ただ一点だけ、全自動の生活を表現するためだと思うけど、いわゆる黒子が全面的に動いているんだけど、目まぐるしく思うところがちょくちょくあった。

研究所のシーンでお茶の水博士の後ろでコンピューターを操作している研究員がいきなり黒子になるのが「えっ、じゃさっきまでのお前は誰なんだ?」って。

気になったのはそれぐらいで、人間が機械の重厚感を表現している素晴らしい作品だと思った。

広告を非表示にする