モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

11月20日 だなも

00-06 ×

06-12 ×

12-18 ×

18-24 A

 

A. 北海道地方-0-0-0-1=1

 

 

合計回数        -0-0-0-1=1

 

22:18 浦河沖 70/4.1 ②

 

来年は大型の地震が20回起こるだと…?

USGS Earthquake Hazards Program

オートマティックに「ガンガンいこうぜ!」と地震が発生している。

M7.0はでかい…

来年は20回も起こるという推論もあり、プレートの境界に住む私たちにとってはご臨終ムードではないか!

そういえば「絶体絶命都市4」の発売日も来年らしいですよ。

津波きたら助かる気がしないわぁ。

 世界のニュース

国内ニュース

LCO逸脱 

2号機PCVガス管理設備でLCO逸脱/凍土壁の評価についてはまだ時間がかかる/湧水と凍土壁は関係ないと判断|海老原いすみ|note

 またLCO逸脱が発生。

この間、廃炉カンパニーでは人間の入れ替わりがあったというが、今回の件と関連があるのだろうか。ヒューマンエラー以外にどんな可能性があるのか。

22日にリリースだなも

いよいよ、たぬきとの闇のゲームが始まる。

基本のデータのサイズ自体は350MBぐらいみたいだけど、問題は通信量だなぁ。

ツイキャスに続いて、AbemaTVでもユーザーの要望に応えて通信量を抑えたみたい。

ソシャゲはどうだろうか。個人的には面白くもないイベントのデータ配布で削られるのがムカついて仕方ない。(実質的に1カ月7GBのタワーディフェンス型ゲームだからね)

どうぶつの森は現実の時間とリンクして、季節に合わせたイベントが行われるから、クソみたいなイベントはないと思うけど、もしあったらすぐにやめようと思う。

課金有りのスマホ版『どうぶつの森』が話題ですが、10年以上前の『おいでよどうぶつの森』のとあるセリフを見てみましょう - Togetterまとめ

現実の金品と引き換えにゲームの中のめずらしいアイテムを交換することは、ゲームの本当の楽しさをなくしてしまうんだよ、だワニ。

時短アイテムを売ること自体、初期の「どうぶつの森」のコンセプトと違うわけだし、岩田社長ならこんなことしないと思う。

カービィの隠しステージのHALブロックとか、マザーもそうだけど、不必要なものを「遊び」に変える着眼点がゲームには必要不可欠で、効率だけ追い求めるのは機械のやる「作業」なんですよね。

だからそういうゲームは退屈で仕方ない。

従来の「どうぶつの森」の姿が崩れていたら、たぬき商店を操って金稼ぎする人間がいると判断するしかないんだなも。

 



ミルクチョコというアプリの話⑥

アップデートがあったね!

期間限定のハロウィン衣装が永遠の閉店セールのごとく未だに売られている現在いかがお過ごしでしょうか。

f:id:ebiharaism:20171120200232j:image
私はネコにローブを購入してマトリックスの「ネオ」を彷彿とさせる「ニャオ」を爆誕させました。
しかし、ローブの脇の下が破けているという粗悪品だということが判明…(かっちょ悪い)

f:id:ebiharaism:20171120200315j:image

それと「魔法のほうき」をアサルトに購入してあげて「アサシンなアラジン」というコンセプトで統一しました。(称号はスイーパー一択)
しかしこれもよくよく考えてみれば、アラジンは「魔法のじゅうたん」なんですよね。(めっちゃスベってるな)

絶望である。

 

アップデートについて話を戻すと、Googleプレイがアプリの年間大賞を決めているので投票下さいというのが運営さんのお願い。あとはバグの改善をしたって話なんだけど、運営さんTwitterアカウントを見ましたか?
Google翻訳を使ったかのような文章は独特な面白さがあって、以前もチートアイテムを使用した人に「核」「制裁」みたいな単語でペナルティーがあると言っていたんですよね。
今回も同じようにアップルの認証が遅いのを嘆いているのが面白かった。
スクショに撮ったのでご覧あれ!

f:id:ebiharaism:20171120200447j:image

感嘆詞が笑いを誘う。

f:id:ebiharaism:20171120200536j:image

iOSに対する怒りが…笑

f:id:ebiharaism:20171120200635j:image

心あるユーザーさん達から優しいコメントが集まってました。

面白かったなぁ。

 

バグ紹介のコーナー

f:id:ebiharaism:20171120201021j:image
アップデート前のキルデビル。
ステージの端でジャンプするとボツリヌスが発生して、みそっかすのボンバーマンみたいになります。(現在は直ってると思う)

 f:id:ebiharaism:20171120201211p:image 

ミルク運びの途中でメディックの回復スキルを受けるとミルクが消失するという謎のバグ。
味方の回復で無くなるなんて立ち尽くすしかないじゃないか。ようやく運んできたのに…orz
これは今回のアップデート後に発見しました。運営さん検証よろです。

 

最近の遊び

〈ナイフを使い込んだ話〉

f:id:ebiharaism:20171120201642j:image
キルデビルのステージは敵との距離感が近いうえに、何回やられても関係ないのでナイフと警棒にはぴったりのステージです。
立ち回りとしては、相手に手榴弾を投げてナイフでとどめを刺すという流れです。自分がやられたらかなりウザいですね。
頑張った結果10キルはいけました。
ただ、やっぱりナイフと警棒が必要な理由が見当たらないし、ブタの的もまともに破壊できないので別の遊びだと考えたほうが良いです。(飽きたら買う程度で)


〈MVP10の話〉

MVPを10回取ると貰える称号があるんですが、私は今まで取ってなかったんです。(だいたい5回止まりで)
まぁ、ラグの問題やバグで回線が切断されることもあって、取ろうと思って取れるものじゃないんですよ。しかもステージが増えてからはそれがさらに難しくなりました。
とくに宇宙ステージで行われる総当たりのサバイバル「Free for All」はスコープがないとキツイし、足の遅いキャラでスコープ無しだったら地獄ですよ。カモネギ確定。
スポーン地点もランダムで、ステージ下からスタートしたらすぐに上に行かないと死が確定してます。
というのも人間たちが一生懸命バトルしてる横で、通りすがりのCOM達は確実に撃ち抜いてきますから。
正直このモードは面白くないんですよ。だから「このモードはやめた!」って抜ける人がいるわけです。すると抜けた分だけCOMが増える…
このモードの一番キツイところは「コレ」で、ランダムにCOMがスポーンするから安全地帯がほぼ存在しないし、自分のすぐ近くにCOMが現れても、スポーン直後は3秒無敵だから「ハチの巣決定」なんです。笑
笑うしかないんですけどね…。

 

私の選択キャラは「ランチャー」
装備は前と変わってないです。
とにかく足が遅いので、陣取りゲームの時には足の早い味方たちが先に行ってしまうんですよ。そうするとMVPにはなれないから『助けない』というプレイスタイルを取らざるを得ない。(ひでぇ…)
隣の仲間が狙撃されてる横で「無の顔」をした結果MVPをゲット。

f:id:ebiharaism:20171120201934j:image
あとは「Free for All」の地獄。
チーム戦だと勝敗に関わらずそれぞれのチームから1人ずつMVPが選ばれるんだけど、このモードは1人しかMVPが選ばれない。
いかに素早く15キルするかが全て。
そんな中、カンスト勢と同じゲームになりました。(スナイプとスヌーピーをかけているぞ)
さすがはキルレ3.59のスヌーピー。1.8の私は1度落とされてしまった。
それでもMVPを取るべく本気を出した結果、なんとかMVP。

f:id:ebiharaism:20171120202045j:image
いやぁ、強敵がいなければいけるもんですね。
だいたいどこに隠れているのか分かるし、ランチャーの場合は遠距離でも特殊能力で障害物をめくれるのが強いです。

f:id:ebiharaism:20171120202123p:image
今回遊んだサーバーは「Us East-5」
回線が途切れず良かったです。

f:id:ebiharaism:20171120202215j:image

ようやく「MVP10」をゲット!
ついてたなぁ。終

 

 

11月19日 悪人−悪人=正義?

00-06 B

06-12 CH

12-18 C

18-24 ×

 

B. 東北地方 -1-0-0-0=1

C. 関東地方 -0-1-1-0=2

 

H.九州地方  -0-1-0-0=1

合計回数     -1-2-1-0=4

 

04:14 岩手県内陸南部 10/3.3 ②

10:10 茨城県南部        40/2.5 ①

11:30 熊本県熊本        10/3.1 ②

14:54 群馬県南部      120/3.6 ①

 

 

ノイタミナいぬやしきというGANTZを手がけた作者のアニメをやっていて、二話から見たり見なかったりしてる。

グロテスクな描写が多くて何を伝えたいのか分からないし、キャラクターが物理エンジンが雑なゲームみたいな動きをするから不自然に感じる。

が、しかし! 今週の放送は結構興味深かった。

一家を惨殺した主人公の高校生男子を捕まえるべく警察や世間が動き始める内容なんだけども、この中でフォーカスしているのがいわゆるネット上の『私刑』なんです。もう少し分かりやすい言葉でいうと「晒し行為によるプライバシーの侵害」。

匿名サイトのユーザー達が主人公の住む住所をフジテレビをもじった名前のテレビ局に送りつけて、突撃取材の結果、主人公の母親が自殺をする。

復讐心にかられた主人公は逆探知して、書き込んだ全てのユーザーを殺していくんです。

論理的に考えると主人公が犯した罪とネット上の私刑は別の罪なんだけど、無理やり連立方程式に落とし込むと、主人公の復讐シーンが痛快に見える瞬間がある。

「これはダークナイトだなぁ…」と。

正義の味方が悪人を裁くよりも、悪人が悪人を裁くほうが面白いというのは何故なんだろうか…

北野武の「アウトレイジ」もそうだ。

シンゴジラ」もそうだ。

おそらくアメリカ大統領選でトランプを選んだ有権者の中にも同じように破壊を望んだに違いない。

カーストの上位で威張り腐ってる奴らの上に破壊神というカーストができたとしても、最下層の人間はさらに下に落ちている。

それなのに痛快というのは、自分にはできないことをしてくれる存在との間に「破壊」という利害一致があるからなのだろう。

 

聖者+聖者=腐敗

悪人−悪人=再生

 

再生し続けてガン細胞ができ腐敗する。

それを破壊して再び再生するのと同じ構図か。