モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

3月29日 名もなき法律

00-06 B
06-12 ×
12-18 G
18-24 ×

B. 東北地方 -1-0-0-0=1
G.四国地方 -0-0-1-0=1
合計回数     -1-0-1-0=2

02:42 福島県沖  30/3.4 ①
13:42 伊予灘      50/3.4 ①


米議会に武装男、警官が発砲 観光客らパニック 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News
警察によると、容疑者の男は検査場で「武器とみられるもの」を取り出し、警官に向けたという。男は病院に搬送され、現在手術を受けているが、詳しい容体は不明。事件はテロ関連ではないとみられている。事件ではその場に居合わせた女性が負傷し病院に搬送されたが、警察によると軽傷とみられる。
議会は、キリスト教の祭日「イースター(復活祭)」に合わせ休会中だった。しかし桜が満開を迎えている同市は観光客でにぎわっており、特にイースター明けの1週間には首都への学校遠足も数多く予定されている。

エジプト・アレクサンドリア(Alexandria)発のエジプト航空(Egyptian airliner)機が29日、ハイジャックされ、行き先を変更してキプロス南岸のラルナカ(Larnaca)にある空港に着陸した。キプロス警察が明らかにした。エジプト航空によれば、同機には乗客55人、乗務員7人が搭乗しているという。
 キプロス警察によれば、ハイジャック犯らから29日午前8時30分(日本時間同午後2時30分)に連絡を受けた航空管制官が、午前8時50分(日本時間同午後2時50分)に着陸を許可したという。

テロ(暴力を用いた政治要求)とは関係なく日常の中で銃の乱射だとかハイジャックが起こる世界。
そんな中で安保関連法が施行されたことになっている。
内閣法制局解釈改憲に関する文書を残していないのだし、議会の速記録もない。
f:id:ebiharaism:20160330102121j:image
他国の大統領を奴隷呼ばわりした丸山和也議員をはじめとする与党議員が「人間かまくら」を作り、鴻池委員長を取り囲んだ。
この行為は議会に対する冒涜と言える。
f:id:ebiharaism:20160330102405p:image

存立危機事態というのは「日本」が主語ではなく、「自民党」が主語なのではないか。
どんなマヌケな議員であっても、アメリカの脚本通りに動けばいいのだし、彼らは今までそうして地位を築いてきた。
しかし、もう通じないのだ。
インターネットにより情報網は飛躍的な進化を遂げ、「劇団員」のダブルスタンダードを国民が見破るようになった。
勤勉ではなくなった、バブル思想のマヌケどもがこの世を謳歌すればするほど、この世は荒んでいくのだ。

無党派層が投票するだけで、劇団員からバッヂを剥ぎ取ることができるのだ。
この国が民主主義国家ならば、こんなに簡単なことがなぜできないのだろうか。
三文芝居で成り立つ名もなき法律になぜ従わなければならないのか。


広告を非表示にする