モブトエキストラ

左利きのメモ魔が綴る名もなき日常

【「日本スゴイ」ブームの実態とはなんなのか?】ゲスト:早川タダノリ

JAM THE WORLD : J-WAVE 81.3 FM RADIO

今夜のBREAKTHROUGHは、
『「日本スゴイ」のディストピア 戦時下、自画自賛の系譜』の著者、早川タダノリさんをスタジオにお迎えして、ここ数年、書籍やテレビで広がっている「日本スゴイ」ブームについて考えます。

戦時下においても一度、生まれていた「日本スゴイ」ブームの実態、
そして、今なぜまたブームが起こっているのか? 
この「日本スゴイ」ブームは、何を意味しているのか?
お話を伺います。

以下、メモです。

✳︎文字数の関係で省略しちゃいましたが、日本人は外国人と比べて体毛が薄いので生物的に進化しているとか、正座をするから腰の力が強いという言説だそうです。

 

とても興味深くて面白かったです。

ゴールデンタイムに流れるテレビ番組のプロットがヒトラーユーゲントと同じ発想だなんて笑えない冗談ですよね。

「伝統」として残るためなら何でもする文化というのも、放送法の圧力に屈するメディアに通じていると感じました。

この本買おうと思います。

広告を非表示にする